食事療法に必要なサービス

和食

管理栄養士が管理する

糖尿病は生活習慣病の代表的な病気です。最も効果的な治療法が食事療法です。糖尿病は完治が難しい病気なので悪化させないことが大切ですが、そのためには食事療法を続けて血糖値を抑える必要があります。食事療法のための食事が糖尿病食です。現在は宅配の糖尿病食があるのでそれを利用します。糖尿病食はカロリー制限や糖質の制限が厳しいので、家庭で作るとなると1人分別に作ることになります。そうなると家事労働を担う主婦に負担がかかるので、糖尿病食の宅配を頼みます。宅配なので自宅まで届けてくれるのでとても便利です。3食とも宅配してもらうことも可能ですし、夜だけなどのように1食でも頼むことができます。1ヶ月のスケジュールを組むので、あらかじめ配達される日にちがわかります。糖尿病食のメニューも毎回違うので、楽しみながら食べることができます。カロリー制限や糖質制限は専門の管理栄養士が担当しているので、安心して食べることができます。糖尿病でも症状が軽い人から重い人までいるので、1人ひとりに対応した食事管理ができます。最近ではオーダーメイドで注文できるようになっているので、いわゆる病食とはイメージが変わってきています。糖尿病食の宅配は特に1人暮らしの人に適しています。毎食自分で作るのが大変な人は毎食の負担を減らすことができます。しかも色々な食材を使いながらバランスのよい栄養が採れるようになっているので、健康的にもすぐれています。