企業研修をコンサル会社に依頼|人材成長を実現する様々な手段

メンズ

企業合宿について

中年男性

日本国内の企業の中には、内定者の入社式の後に合宿を行う企業があるでしょう。多くの内定者の中には、学生自体に合宿というものを経験したことのある人がいるかもしれません。しかし、企業の合宿というのは、そういった合宿とはことなった目的をもって行われます。その目的というのは、自立心及び協調性、リーダーシップの育成、その他にも様々なものが含まれます。例えば、規律正しい行動や責任感、意識の向上であったりコミュニケーションの円滑化であったりするものも含まれるのです。もちろん、企業によって目的が異なることもありますので、目的を詳しく知りたい場合には教育担当者に伺ってみると良いでしょう。企業合宿の目的というのは、先程挙げた目的に加え二段階目にあたる目的が存在します。
企業合宿における二段階目の目的というのは、企業理念についての学習や企業の求める基本的行動の習得等があります。つまりは、内定者が企業の業務に従事する際に、即戦力としてスタートラインに立てるような人材成長を実現することを目的としているのです。企業合宿には、学生が行う合宿と同様に体育会系のものと文化系のものが存在します。体育会系のものは、イメージそのままに縦の関係を重視したものとなります。それに対し文化系のものは横の関係を重視し、思考力を持った行動が求められます。つまりは、グループディスカッション等の比重が大きい内容となるのです。企業によってどちらのタイプかは異なりますが、内定者は体育会系のものであっても文化系のものであっても乗り切らなければならないのです。